さぽろぐ

  政治・経済  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ちゃか

2012年10月30日

国際化と英語

 長い間ご無沙汰しておりました。 私は、北海道生まれでチャカ・ケイと申します。いま東京に住んでいます。今や75才になりました。この年になっていつも思い出しているのは、子供の時に遊んだ、北海道の山、川、海のことです。こくわの実をとるために上った木の感触がまるで昨日のようによみがえってきます。木の上で夢中になって実をとっていて滑り落ちたことがありますが、その時の痛さよりも、落ちたこと自体が懐かしく思い出されます。父の墓が北海道の海の見える山の上にあります。自分もやがてそこにはいるのかと思うと余計に北海道の子供時代に遊んだ山や海の光景が目に浮かんできます。北海道を離れておよそ50年、これまで 私は、英語の翻訳者として主に特許関係の文書を翻訳してまいりました。最近つくづく思うことは、国際特許という立場から見ても日本という国は弱体化しているということです。かっては技術大国として、米国と肩を並べるほどの勢いを誇っていた日本という国、しかも戦争や争いで世界と血みどろになって競うのではなく、戦前、戦中の抗争に明け暮れた日々を反省して、平和を求める中で,技術の優劣を競ってきたある意味では、自信に満ちていた往時の日本の面影は霞のように消えてしまっている。TVを見れば、いつもお笑いタレントと称する若者が出て馬鹿笑いの毎日。私は、お笑いを嫌いではない、むしろこれほど笑いの毎日ではなかった時には、TVにはもう少し笑いがほしいと思っていたほどで、サンマなど一連のお笑い番組が出た時は大いに歓迎したものです。しかし最近は、内容のくだらなさに飽き飽きするようになりました。笑がもたらす仕事の疲れをいやす一涼の風のような笑いはすっかり姿をひそめ、馬鹿笑いが目立つようになった番組にいかなる価値があると言えようかと。とつくづく思います。

 それと並行するかのように弱り始めたのが、世界に誇る日本の技術力。その原因の一つとして、私が思うに、国際化に対する関心の低下がある。特に技術競争における国際競争力の低下は惨憺たるものである。私は、大した翻訳者でないので、技術翻訳といっても、大企業を支えるような重要な翻訳を任せられたわけではないが、一応技術の特許の最先端を行く特許庁直轄の財団法人で仕事をしてきたものとしての感触として述べているにすぎないが。それを感じざるを得ない。こうした中にあって今特に感じているのが国際語としての英語の習得である。ここ十年そのことを痛感してきたので2002年に私の英語に関する考えをまとめ’こんなので英語が解るの?’と題する本を自費で出しました。私の発想した英語物差しというものを使って、
英語をもっとシンプルで、親しみやすいものにできないかという考えをもとにしたものでしたが。これは、当時私が騙された詐欺事件と絡めたため未完成のままあわてて急遽出したもので、私としても十分満足のゆくものではありませんでした。以後十年、私はほかのブログを用いこの不完全さをたただそうと努めてまいりました。その間、私の発想があまり突飛なものでしたので、権威を重んずる真面目な学者の先生からは無視され、放置されてまいりました。私の考えがあまりにも軽薄であると受け取れたからでしょう。確かに、二本の線をクロスさせただけの簡単極まる形をみれば、これであの複雑で小難しい英語が解るわけはないと思われても当然と思います。私は、たとえ、言葉の内容や音などが複雑であっても文章構成を単純な要素の組み合わせとしてシンプル化を図ることは軽薄でも、とっぴでもないと考えています。今私は、そうした偏見で満ち満ちている英語界、言語界との決別を宣言し、自分独自の主張と研究を貫くことを宣言いたしました。学者先生には、私のような若輩は吹けば飛ぶような存在であるかもしれませんが、老い先の無いこの人生を自分が納得し、十分満足できるものにしたいと願っております。今後とも同郷人として宜しくお願い申し上げます。

あなたにおススメの記事

Posted by ちゃか at 07:05│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
国際化と英語
    コメント(0)